「写し」と「コピー」の違い

奈良県香芝市のまほろば行政書士事務所ブログ

 

住民票の写しの交付とは?


皆さんこんにちは!

なんだか久しぶりのブログ更新です。。



今日は、私も気になっていた「写し」と「コピー」の違いについての記事です。


この2つって日常的には同じような意味合いで使いますよね( ・∇・)


ですが、これ、全然違うものなんですよね〜!


実は、「住民票を取りに行く!」という風に言ってますが、「住民票の原本」は請求出来ません!

そのため、住民票の写しが市の住民基本台帳から直接印字され、市長の印が押されて窓口で皆さんに渡されているんですね。

つまり、提出書類などで住民票が必要な場合、この住民票の写しを窓口で請求し、入手しているということになります!


となると・・・

コピーされたものは、「住民票の写しのコピー」なんですね!!


「写しのコピー」って・・・

なんだか、コピーをコピーした感じですね(°▽°)


住民票の写しのコピーを提出する場面というのは、そうありません。

なので、住民票の「原本」=住民票の「写し」と思っておきましょう!^_^笑

ではでは、今日はこの辺で!!




 

行政書士会リンク集


□ 日本行政書士会連合会

□ 奈良県行政書士会


まほろば行政書士事務所及び周辺市町村


□ まほろば行政書士事務所

□ 香芝市ホームページ

□ 奈良県ホームページ

閲覧数:3,018回0件のコメント

最新記事

すべて表示

奈良県香芝市のまほろば行政書士事務所ブログ 皆様ご無沙汰しておりますm(_ _)m 最近、かなりバタバタしており更新ができておりませんでした。 先日、私のビジネスパートナーが会長を務めている異業種交流会(大阪・奈良で200人規模の、かなり有名な経営者が集まる会)の若者バージョンを立ち上げてみろよ!ということで、若者(20代中心)のリーダーズクラブ(通称「小リーダー's」)を立ち上げました。 この小